【山記録】   
日時天候 2019年02月27日(水)曇り  
山名標高 竜王山(825.8m)綿向山(1110.0m)
山域 鈴鹿
コースタイム
綿向山駐車場(08:50)~登山口(09:30)~P467()~竜王山(1015-25)~送電線鉄塔(10:37-45)~P962(11:53-12:00)~イハイケ岳分岐(12:35)~綿向山(12:48-13:35)~冬道~一般道八合目(13:50-55)~五合目小屋(14:10)~三合目アザミ小屋コーヒタイム(14;20-52)~ヒズミ谷小屋(15:34-44)~駐車地(16:57)
総タイム8時間07分(休憩タイム90分程度含む)
距離/累積高度差 沿麺距離11.7 キロメートル 累積高度差(+1305m -1326m) 
団体名等 関西ハイク山友会 28名   竜王山三角点

国土地理院25000軌跡ログ

【鳥瞰図】

【標高・グラフ】

【足跡】
<山:計画>
 山行計画書には、
 「竜王山から綿向山」当初のグレードは、「初級」と書かれていた。
 後に、「健脚」と変更された。shunonも10年前に歩いた記憶がある。
 その時は、綿向山からの下りコースだったのでさほどきついとは思わなかったがーー
 逆コースとなるとまた話は別である。
 P917峰から綿向山への区間は、ロープもある急登でかなり体力がいる。
 全コース踏み跡や標識は、しっかり付いているので迷うことはない山道でもあるがーー。
 下りは、一般向き。上りは健脚向き。とするのは妥当な判断ではないかと思う。

<山レポ> 
 2月末日、三寒四温の季節。春の気配を感じる温かいが雲の多い一日でした。
 竜王山から綿向山の周回コースである。
 全コースに案内板もあり整備されたハイキングコースとなっている。
 しかしながら二山縦走となると少々ハードになる。

 8時50分、アイゼン・ワカンを持参し綿向山駐車場出発。
 西明寺横を通り水木林道に入る。
 1 km ほど先に竜王山登山口の標識がある。
 竜王山は、展望の良い尾根歩きが魅力である。

 メインは、竜王鉄塔である。
 こから見た綿向山は、まさに巨大な見張台であった。
 綿向山は、大きな四本の尾根に接続し安定した山地を形成する。.
 山容は、大らかなドーム形をしている。
 東や南方向の山から見た綿向とは全然違っていた。1000メートルクラスの山とは思えぬ立派な容姿に感動した。
 近江平野と琵琶湖の向こうに比良の山々が見える。
 以前、同僚のNさんから説明を聞いた。
 煙の立つ所の近くにNさんの我が家。
 前に三つ並んでいる低山の山がタロボウ山。滋賀県の誇り高き山と教えてもらった。

 綿向山、雪解けで積雪は少なかった。
 山頂から見る雨乞岳・鎌ケ岳から南へ延びる鈴鹿の主峰が見えた。
 綿向山は、何と個性のある魅力的な山だ。
 いつ来ても感動で胸を打つ山だ。
 アイゼンは、竜王尾根P962から綿向山七号目辺り(冬道)までは必要かと感じました。

【綿向山駐車場】
左、
綿向山駐車場。30台位は駐車可能。

上、
水木林道を歩いて竜王登山口に向かう。

登山口】
水木林道に建つ登山口標識。

標高648m

灌木の中、きつい登りが続く。

【千畳平】
千畳平。
「堂立ち」と伝承される地。
 西明寺の本坊として大安楽寺が奈良時代にあったと

【竜王山】
 竜王山は、雨乞いの神様。
 祭祀の雰囲気は薄い。大安楽寺があったと書かれている。

下、
 竜王山の前は、近江平野の大展望で素晴らしい。
 

【双子鉄塔からの大展望】
 近江平野と琵琶湖の向こうに比良の山並みが見える。
 前に三ツ並んでいる低山がタロボウ山と滋賀県の誇り高き山と元山仲間のよしやんから聞いた。

【オンバノフトコロ】
左、
広いピークの一つ。

 鉄塔の建つ場所は広い二つの
 ピークになっていて樹木のない
 開けた場所です

 ここをオンバノフトコロというのでしょか


917m峰
左、
綿向山。

下、
尾根の中央の山は、向山か。
右は、イハイガ岳。背景は雨乞岳。

【綿向山まで1時間15分の標識あり】
左、
現在地時刻11時25分。

綿向山到着時刻
12時41分。

所有時間1時間16分と標識のタイムとほぼ同じタイムでした。

下、
標識のある場所からの展望。

【P962


【アイゼン装着し分岐に出る】
 P962からの登りは、クサリのある岩場の急登。。
標高800m
付近に来て。アイゼンを装着する。

【分岐から綿向山へ】
竜王山と綿向山の分岐。
今年は、雪が少ない。

【綿向山】
 風弱く春を感じる寒さである。昼食をとる。
 展望は、雨乞岳や鎌ケ岳など鈴鹿の主峰が遠くまで見えた。
 綿向大明神(嵩神社)に拝礼し感謝を申し上げる。
 大展望の名山なのに三角点がないのは寂しい。 神聖な神域なのでそれを許さなかった心すべき山でもある。

【復路は、一般ルート】
 表参道・行者コバの案内板には、現在の登山道は明治期に開かれたとある。それ以前、行者たちは北側のタカオチ谷ルートで行者コバまでとのこと。

五合目小屋とあざみ小屋
あざみ小屋から少し下った展望地に立ち寄る。

【綿向登山口へ下山】